電力の小売自由化とは

日本の小売自由化の流れ

日本の小売自由化は、2000年3月から始まりました。はじめは、「特別高圧」区分の大規模工場やデパート、オフィスビルが電力会社を自由に選ぶことができるようになり、新規参入した電力会社「新電力」からも電気を購入することが可能になりました。
その後、2004年4月・ 2005年4月には、小売自由化の対象が「高圧」区分の中小規模工場や中小ビルへと徐々に拡大していきました。

2016年4月1日からは、家庭や商店が対象となる「電力の小売全面自由化」は、2016年1月から事前受付が本格化、2016年4月からスタート。
「低圧」区分の家庭や商店などにおいても電力会社が選べるようになります。

電力の小売自由化でどう変わるの?

「電力の小売全面自由化」により、旧電力10社以外の事業者が電気の小売市場に参入してくることで、より多くの電力会社からの選択が可能になります。
電気の小売事業への参入者が増えることで競争が活性化し、従来より多くの金メニュー・サービスが提供されることが期待されます。

例えば、電気とガス、電気とショッピングカードなどの組み合わせによるセット割引や、ポイントサービス、さらには家庭の省エネ診断サービスなども期待されます。
また、太陽光、風力、水力、地熱などの再生可能エネルギーを中心に電気を供給する事業者から電気を買うことも可能となります。
さらに、現在お住まいのエリア外で発電された電気の購入も可能となります。例えば、都会に住んでいても、ふるさとで発電した電気を選べる可能性が生まれます。 また、近くの自治体が運営する事業者から電気を買うなど、電気の地産地消も可能になります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です