節電・省エネのためにチェックするポイント

各ご家庭内における1つ1つの小さな節電・省エネへの行動が、生活に欠かせない大切な電力の安定供給の役に立ち、電気料金の節約につながります。
節電につながるポイントをまとめてみました。

待機電力を抑える

多くの電気製品は、リモコンで電源を切っても電力を消費しています。この電力を待機時消費電力といいます。
待機時消費電力は、家庭で消費する電力のうち約1割を占めています。
使っていない機器はコンセントからプラグを抜いたり、主電源をオフにすることで消費する電力を抑えることができます。

エアコン

エアコンの室温は夏季の場合28℃を目安に

設定温度を2℃上げた場合、約10%の省エネルギーとなります。

扇風機を併用

無理のない範囲でエアコンを消して、扇風機を使いましょう。
併用するとより涼しく感じます。

室外機の周りに物を置かない

空気の流れを妨げる障害物があると、冷暖房の効率は悪くなります。
室外機の周囲は整理整頓し、風通しよく保つことが大切です。

定期的にフィルターを掃除

フィルターが目詰まりすると風量が落ち、冷暖房の効率が悪くなります。
2週間に1度を目安にゴミやホコリ等を除去しましょう。

テレビ

主電源オフを習慣に

主電源がオンになったままだと、電気を消費してしまいます。
お出かけ前やお休み前は、ビデオやゲーム機の主電源オフが効果的です。

画面の明るさや音量を調節

必要以上に音量を大きくしたり、画面を明るく調節するだけでも意外にエネルギーを消費します。
適切な音量や画面の明るさに設定しましょう。
もし画面が暗いと感じたときは、テレビ画面のホコリを1週間に1度は掃除をするだけで明るさが違います。

冷蔵庫

冷蔵庫の温度設定

冷蔵庫の設定を「強」から「中」に変え、扉を開ける時間を減らしたり、食品の詰め方の工夫をし、冷蔵庫内の温度があがらないようにしましょう。

熱いモノは冷ましてから

冷蔵庫にいきなり熱いものを入れると庫内の温度が上がってしまい庫内を設定温度まで下げるためにたくさんの電気を使ってしまいます。
ある程度冷ましてから冷蔵庫に入れるよう心がけてください。

ドアの開閉を減らす

お料理の際に、何度も冷蔵庫を開け閉めしたり、開けっぱなしにしておくと、冷気がどんどん逃げていってしまいます。
冷蔵庫に詰める際も事前に場所を決めておくなどで、開ける時間を少なくしましょう。

冷蔵庫は壁から離して設置

冷蔵庫はモーターから熱を発しています。放熱できないと電気をたくさん消費しますので、周囲の壁などに接することのないように配置しましょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です